君(の暇つぶし)と僕(の勘違い)の6ヶ月

 

スマップさんの曲に

「君と僕の6ヶ月」という曲がありまして。

私はこの曲が大好きなのだけど、

よくよく歌詞を見てみると

なかなか興味深いので

持ち前の妄想力をフル稼働して

歌詞を解剖しようと思います。

 

では行きます。

 

 

 

この僕にもう少しの勇気があれば

違っていたの?

でも 君との思い出は消えないさ

今もこの胸に…

 

 サビから入るパターンの歌でして、

冒頭ですでに失恋の歌だなってことがわかります。

 

 

 

深夜のコンビニバイトを始めて

必ず立ち寄る君に恋をした

 

深夜のコンビニでバイトができるということは

語り手の男子は18歳以上。

18歳以上は可といっても

高校生は不可の場合がほとんどだから

彼は高校卒業後の青年でしょう。

もっとも、30過ぎのおじさんの可能性も

ゼロではないけれど、

スマップさんの曲であることを加味して

18〜20代前半の若者という想定で話を進めます。

 

次に、深夜のコンビニに必ず立ち寄る女性が

何をやってる人なのかですが、

これについてはとりあえず置いておくとして、

18〜20代前半の若者がバイト中に惹かれるような

魅力的な人なんだろう。知らんけど。

 

 

 

ある晩おつりが切れてる振りして
君をレジ前に引き留めたよね

 

コンビニバイト歴のある私の見解としては、

おつりが切れてる振りして引き止めるってのは

かなり小賢しいと思います。

必ず立ち寄るくらいの顔見知りなら

普通に話しかけろや、と。

それが出来ないくらいウブで不慣れな青年なのか。

いやーでもおつりが切れてる振りできるなら

話しかけられるだろー??

 コミュ力より演技力に自信あった系?

どんだ系??

 

 

 

キッカケなら平凡だったけど

永遠に続けられる気がしたよ

 

バイト先で出会って仲が深まるのは

特に珍しいことではないだろうし、

常連客=安定=永遠 というのも

感覚としてはわからなくはない。

 

 

 

夜に出逢った恋だから

夢見てるのかと疑ったけど

この頬を君につねってもらうたび

とても痛かった

 

うわーなんかもう早速触れ合っちゃうくらい

親密になっちゃってる。早い。速い。

てか、“頬をつねってもらう”って

どういうことなんですかね。

“つねられる”ではなくて、“つねってもらう”。

「夢みたいで信じられないからつねって」

って頼むの?

うーん、気持ち悪い。もしや年下か?

彼氏の方は明らかにふわっふわに浮かれてるけど、

彼女のほうもまあまあ頭ほわっほわしてそう。

 

 

やばい、大好きな歌なのに

この男女のこと嫌いになりつつある、やばい。

 次から二番です。

 

 

 

休憩時間に毎晩デートさ

ポテトチップスを内緒で持ち出し

 

はいここでまたコンビニバイト歴のある

私的な見解ですけど、

ポテチを内緒で持ち出しとかね、言語道断、

犯罪行為、解雇必至。

この彼が現代にいたら多分ツイッター

「毎日バイト先のポテチ持ち出して

休憩時間に彼女と食ってるww

店長全然気づかねーしwww神バイトだわ」

って呟いてるし、

バカッターとしてワイドショーとか出ちゃう。

彼女も止めろやって話ですよ、ほんと。

盗品だからね、そのポテチ。

大丈夫か、このカップル。

 

 

 

近くの公園ベンチに座って
君の微笑みと金星探した

 

ここねー。

なんで金星なんだろう。

多分ね、金星見えないと思うんだよねー。

深夜バイトってことは、

仮に金星を見られるとしたら

所謂明けの明星

(日の出数時間前〜日の出に見える)

ってやつだと思うんだけど、

そんな時間に?公園で?ポテチ?

彼氏の方は休憩時間だからいいとして、

彼女大丈夫?次の日の予定とか平気?

あ、それかめっちゃ早起き??

自慢じゃないけど私はオリオン座しかわからないから

金星探しに勧誘されても参加はできかねるし、

あれが金星だよって言われても

あーそうですかーーって感じで終わってしまう。

嘘つかれてもわかんね。

はい。

 

 

 

ふと漏らす溜息の意味まで分からずに

いい気になっていたよ

 

はいここー。試験出るよー。

溜息を漏らす彼女。

恐らく彼女のほうは、

彼との関係を永遠に続ける気は

初めからなかった。

その気があるとしたら溜息ついてないで

現実的な今後のお話をすると思います。

そうとも気づかずに

「夢みたいだからほっぺつねってー」

って、彼氏、あなわびし。

 

 

 

初めて君の部屋にね

泊まった夜に打ち明けられた

卒業した後 生まれた街へと君は帰ること…

 

部屋に泊まる。

部屋に、泊まる。

落ち着け。ステイカーム。

ステイ (ハー) ルーム。

彼女がいくつで何者なのか

ここまで全くの謎でしたが

ここでやっとなんとなくわかるわけです。

キーワードは、①君の部屋 ②卒業

 

まず①君の部屋 ですが、

ここで彼女が実家暮らしではなさげだ

ということがわかります。

家じゃなくて部屋だし、

実家暮らしだったら多分ホテル行くでしょ。

てか行け。

「今日親がいないから……うち、来る…?」

ってパターンもなきにしもあらずだけど

やっぱ家じゃなくて部屋だから

一人暮らしっぽくない?ぽい。

しかも、生まれた街へと帰るわけだから

そっちに親がいると考えるのがノーマルかなと。

 

次に②卒業 ですが、

一人暮らしをしてるってことは

大学生若しくは専門学校生。

(いずれにしても、深夜バイト同様

18以上じゃないと色々問題がある)

 

生まれた街へ帰るってことは、

所謂Uターン就職するってことだろうと思うのだけど、

専門学校生がわざわざ地元に帰ることは

あんまりないんじゃないかなーと思うのね。

専門学校は就職先を斡旋されることが多いのでは?

ゆえに勝手に大学生だと考えています。

 

とすると、彼氏のほうはなんなんだ??

仮に同い年だとすると、

大学卒業を控えているということになるけれども、

半年後には退職する大学生をコンビニが雇うかしら?

深夜だから人手不足?

それとも彼は大学生なりたての年下くん?

もしや年上のフリーター???

 

①同い年

②年下くん

③年上

 

うーーん。

 今までの歌詞で見てきた感じからしても

なーーんか年下くんな感じがするよね。

彼女のほうも、

(今ここで彼氏作っちゃっても

どうせ半年後には離れるわけだし

とりあえずこの子で遊んどくかな〜)

って感じなんじゃないの????

え、図星????

メチャクチャ感じ悪い女じゃん!こわ!

 

 

 

明るい未来が突然悲しい

僕は何度も引き留めたけど

君は困ってうつむいただけ…

 

いやーーもうね、残る気ゼロ。

さらさらない。

多分ね、彼女だけの問題ではないんだろうね。

でもそれにしても残る気ゼロ。

困って俯いているのは多分

残りたいけど残れなくて困ってるんじゃなくて、

しつこく引き留められて困ってる。

 

 

 

すぐに半年が過ぎて

君はこの街離れていった

短い夜が連れ去る星のよう

朝霧の中へ…

 

えーーーーーーー半年付き合い続いたの?!

マジで?!!なのにあっさり別れたの?!

マジで!?!!??

 やっぱさ、期間限定彼氏だったんだよね。

うん……。

 

 

 

ただ…愛しあう気持ちだけじゃ

どうにもならないことも知ったよ

でも 君との思い出は消えないさ

また恋をしても…

 

どうにもならないことも知ったって言ってるわりに、

どうにかしようとした雰囲気があんまりなくてな。

彼がやったことっつったら

何度も引き留めたことくらいよ?

なんか……あんまり………

どうにかする気……ないよね…?

てか、打っても打っても

響かなかったんじゃなかろうか。

彼女のほうから好意を寄せている感が

あまりにもなさすぎる。

コンビニに寄ってたのだって

そこにコンビニがあったからでしょ。

帰り道だったんだよ。

それをさ〜〜〜

ポジティブに変換しちゃってさ〜〜!!!

若いな〜〜!!!!

ボーイズビーアンビシャス!!

 

 

 

はい、

最初から最後まで歌詞を追いましたが、

結論としては、

・彼氏、多分年下

・彼女、多分お遊び

ということでここいらで締めたいと思います。

 

以上、超個人的見解による歌詞大解剖でした。

ご意見ご感想はこちらまで(画面下を指差しながら